私の人となり

  • 出身地:
    • 沖永良部島 (鹿児島県)
  • 出身高校:
    • 鹿児島県立大島高等学校 (鹿児島県名瀬市(現在:奄美市))
  • 血液型:
    • A型
  • 星座:
    • おひつじ座 (2017年で43才)
  • 座右の銘(自作含む):
    • 若いうちは苦労は、必ずその後の人生の肥やしとなる。
    • 何事にもチャレンジ精神を持て。いま失敗しても、人生トータルではプラスである。
    • 良い「欲」を持つことは、人を成長させる原動力となる。
    • 人から学ぶ、経験から学ぶ、本から学ぶ。学び方は色々あるが、学んだことを人生に生かせなければ意味がない。
    • 信念を持て。しかし、他人の意見にもよく耳を傾けよ。
    • 自分が変わらなければ、周りは変わらない。
    • 千里の道も一歩から。地道な積み重ねなくして、真の成功はない。
    • 不平不満を言う人は、自ら行動して変えることができない人である。
    • 他人からやられて嫌なことは、他人に対してやってはいけない。
  • 性格:
    • 熱血型 (自他共に認める義理堅い昔肌の性格です)
    • 几帳面 (仕事キッチリ、約束ごとはしっかり守ります)
    • 猪突猛進型 (自分の直感・フィーリングを信じてすぐに行動に移します)
    • 試行錯誤型 (スマートに物事を解決するのは少し苦手です)
    • 自分の信念・持論を持っていますが、他人の意見にもよく耳を傾けるように心掛けています。
    • 人に助言するときは、その人の個性や考え方を尊重するように心掛けています。
  • 学生時代のアルバイト歴:
    • 家庭教師、大学非常勤職員(事務補佐員、技術補佐員、非常勤講師)、土木作業員(法面の吹き付け作業、道路工事等々)、運送業配達員、家具配達員、引っ越し作業員、警備員(交通整理、駐車場管理等々)、農作業員(植付作業、収穫作業等々)、その他、個人でPCパーツ販売をやって累計1千万円売り上げました。
    • 私は県外生(学寮・アパート暮らし)でしたが、家庭の事情で学費、生活費の支援が全くなかったので、これらを自分で稼いで大学(学部から博士課程まで)を出ました。いわゆる「苦学生」でした。
  • 趣味:
    • 幼い頃から釣り、園芸、工作、そしてパソコン関係など色々やっていました。大学生になってからは特に趣味と呼べるものはやっていませんでしたが、強いて言えば映画鑑賞とドライブでしょうか。結婚して家族ができてからは、家族サービスが趣味ですかね。あとは献血かな(献血回数は100回を突破しました)。
    • 最近は、健康作りと気分のリフレッシュを兼ねて、ウォーキングやジョギングをするようになりました。職場で休み時間に30分くらい歩いたり、週末など時間のある時は1時間くらい歩いています。景色を見ながら歩いたり走るのはとても気持ちが良いです。また、考えごとがあるときに歩きながら頭の中を整理するとうまく整理できることが多いですね。
    • 平成25年から息子が学童野球をやるようになってからは、学童野球のサポートが毎週末の日課になっています。幼少期の子供達やその親御さんと関わることは、大学生との付き合いとは違った新鮮な経験が多く、地域社会との関わりや子供に対する教育など、大変勉強になっています。
  • 特技:
    • まずは野球。高校ではやっていませんでしたが、中学時代は130km/h以上の速球を投げる豪腕投手でした。大学院生時代は、後輩たちと「野球馬鹿」という草野球チームを作って練習や試合をやっていました。
    • 次にダイエット(特技と言えるか分かりませんが)。大学生生活10年間のうち最初の8年で100kgオーバーまで肥満が進行し、献血の予備検査で献血を断られて命の危険を感じ、徹底的に走り込んで1年ちょっとで68kg(-35kg)まで体重を落としました。ただ、今では学生時代のように運動する時間が取れずリバウンドしてしまいましたが、食生活の改善とウォーキングなどの日々の軽運動で何とか体重を落としたいと思っています。
  • その他:
    • 私は父親の仕事の都合で、幼少時代から同じ土地に長く住んだことがないので、古い友人と呼べる仲間が少ないです。沖縄での生活はこの4月(2017年)で25年目になり、結婚をして、3人の子供たちにも恵まれました。私は人生で一番長く住んでいるこの沖縄を第二の故郷として、沖縄を基盤にたくさんの仲間(人脈)を作り、少しでも世の中に貢献する仕事をしていきたいと思います。
    • 私の学生時代の誇りの1つは、学生時代の10年間のうちの後ろの8年間、家族からの金銭的な支援(学費・生活費)を受けずに、アルバイト等でお金を稼いで自力で学業を続けたことです。学寮(1年)・アパート(9年)暮らしの貧乏学生で、時には食べる物にも困るくらい苦しい時期を経験をしましたが、周囲の方々の支えもあって、こうして大学教員になることができました。私はこの経験から、最初はムリだと思えたことでも、信念もって本気でやれば、できることはたくさんあるのだということを学びました。
    • 私は「成せば成る」という言葉が好きです。最近は「心」が弱く、すぐに凹んだり、物事を継続できず、安易に目前の課題から逃げる若者が多いと思います。気持ちを強く持ち、簡単に諦めずに粘り強くチャレンジすることの大切さを始め、自分が経験から学んだことを後輩に教えていけたらと思っています(5年後・10年後の自分の姿を思い描いて、それを実現するために今やるべきことを考え、行動(努力)し、結果を出せる人を育てていきたいと思っています)。
    • 小さなことや少人数でもよいので、私と関わりができた人の人生に良い影響を与えられる人になりたいと思っています。社会全体に影響を与えるのは小者の私にはムリですが、自分の力の及ぶ範囲でやれることはやりたいと考えています。人間的・精神的な面であれ、金銭的・物質的な面であれ、人に良い影響を与えることとは、自分の幸せだけではなく、他人の幸せにも貢献することだと思っています。
    • 私は大学教員は50代で引退したいと考えています(一応、琉大教員の定年は65才)。その理由は、日進月歩の技術分野をやっている人間として、ダラダラと今の職に居座るのではなく、早めに将来有望な後輩に道を譲りたいという思いと、恐らく終の棲家になるであろう、今住んでいる地域(広く言えば沖縄県)で、草の根の教育者として、幼少期の子供たちの教育に携わりたいという思い(大学教員を10年以上やってきて、子供は小学校くらいまでに、その後の人間形成の基礎となる学習力や人間力を教育しなければならないと感じています)、それから、奥さんと共同経営している会社で、本腰を入れて経済活動(会社経営)をやりたいという夢があるからです。勿論、大学教員を引退するまでの間、大学教員としての職責を果たしていくことは言うまでもありません。
  • 私は、努力を惜しまない・積極性がある・感謝の心がある・奉仕の心がある・謙虚な人はとても好きです。逆に、いい加減・身勝手・横柄・理不尽・口(評論)ばかりで行動しない・相手の立場や考え方を尊重しない・筋の通らないことを平気でやる人は好きではありません(キッパリ)。
[ Back ]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-04 (月) 11:19:08 (140d)